家族旅行

アナンタラ ディグ モルディブ サンセットオーバーウォータースイートのお部屋紹介

 

楽園アナンタラ ディグで選んだのは

サンセットオーバーウォータースイート。

夢の水上ビラです。

 

お部屋から直接海へ出られる水上ビラ。

ずっと憧れていました。

今回私たちが滞在したお部屋をご紹介します(^^)

マーレ空港のアナンタラオフィスにてチェックイン

モルディブの玄関口、マーレ国際空港に到着するとアナンタラの看板を持ったスタッフがお出迎えしていてくれました。

すぐ向かいにあるアナンタラの事務所へ。

ドリンクを頂きながら他の宿泊者が揃うのを待って、その間にチェックイン。

15分~20分くらい待つと港へ移動するよ~と言われてみんなでぞろぞろ歩いて向かいます。

スーツケースはリゾートのスタッフが運んでくれました。

 

ボートでリゾートへ

私たちを含めて全部で6組でした。

前回、バンドスでもスピードボートは経験済み。

けっこう揺れるのは覚悟していましたが今回はそれ以上(>_<)

長旅の疲れもあってか、椅子から振り落とされそうになりながらも30分ほど必死に耐えてましたがちょっと酔った( ;∀;)

(私は酔ってない、私は酔ってない、と呪文を唱えてマインドコントロール 笑)

到着は深夜

ジェッティではこの子がお出迎えしてくれました。

チェックインは空港で済んでいるのでそのままカートでお部屋に移動。

現地時間ではまだ11時半くらいでしたが、日本ではすでに午前3時半。

ヘロヘロになりながらもお部屋に到着。

サンセットオーバーウォーターヴィラのお部屋紹介

すでにターンダウンの済んだお部屋。

お昼寝用のソファにもお布団が。

ベッドの上に大きなデスク。

深夜の写真ではお部屋全体が分かりにくいので日中のお部屋の様子も載せます。

手前にはリクエストしていたエクストラベッドがあります。

お部屋はワンルームタイプ。

奥に洗面やバスルームがあります。

天井が高いのでとっても開放的。

 

ネスプレッソは嬉しいです(*^^*)


ミネラルウォーターは十分すぎるくらい。

この他にもベッドサイドや洗面所にも2本ずつ。

毎日補充されるのでお水の心配はいりませんでした。

使い捨て水中カメラや日焼け止めまであります。

こちらは有料ですが。

 

そしてそして!

事前にリクエストしてあったこれ!

電子レンジです。

今回はハーフボード(朝夕付き)だったのでお昼ごはん用に日本からたくさん食材を持ち込みました。
レンジがあったおかげでが我が家のお昼ご飯はちょっとだけ豪華に。

とはいえレトルトカレーやカップラーメンなどですが( *´艸`)

 

冷蔵庫の中はもちろん有料なのでほとんど利用せず…。

 



クローゼットの中には大人用のビーチサンダル。

ライフジャケットも大人用だけありました。

 

そして洗面。

アメニティは、、、ほとんどありませんでした(*´Д`)

うっかり歯ブラシや夫用のひげぞりを忘れてきてしまったため、翌日フロントに行って予備のものを頂きましたが同じものがなかったようで違う種類の歯ブラシセットが二つでした。

 

そしてここのお部屋の一番の魅力はこのバスタブじゃないかなと思います。

フォトジェニックです(*´▽`*)

そしてお手洗い。

床がガラス張りになっていて海の中が見えるつくりに。

そしてこのトイレ、ドアがありません!

トイレに座るとこの景色。

ブラインドは閉まりますが何回かうっかりそのまま座ってしまいました(^^ゞ

 

翌朝テラスへ

朝になりやっとテラスへ。

とこまでも続くソーダブルーの海(*´▽`*)

子供たち、朝はここでボーっと海を眺めていました。

階段を降りるとシャワーブースがあります。

 

朝食へは徒歩で5分ほど

お部屋は#102でした。

足の砂を落とすための水がめ。

 

朝食会場のFUSHICAFEへは毎朝てくてく歩いて向かいます。

初日はベビーカーを利用しましたが島内は砂地なのでベビーカーのタイヤが引っ掛かり走行は難しかったです。

 

ビーチヴィラはこんな感じ。

ビーチからは見えないつくりになっていてプライバシーが保たれています。

お部屋のリクエストについて

今回我が家が滞在したお部屋は下の地図の赤丸部分。

102号室でした。

102号室は水上ビラの中では島寄りな方。

ただ朝食会場(ジェッティの向かい)やプールへの移動の際はこの位置でも少し距離を感じました。

子連れの場合はあまり奥のお部屋ではない方が移動は楽です。

※お隣の#98と#100はアナンタラオーバーウォータープールスイートです。

 

アナンタラ ディグの代名詞ともいえる海のブランコ。

サンライズビーチヴィラ前とシュノーケルアイランドのGuilhifushi(無人島)にあります。

Guilhifushiはシュノーケルができるアナンタラ所有の無人島です。

ビーチチェアやハンモックがあったり、リゾートのスタッフがいるのでビーチタオルやドリンクなども頼めるようでした。

Guilhifushiへはフロントでお願いするとボートを手配してくれます。

 

スペシャルサプライズ

5月4日が結婚記念日だったのでリゾートからサプライズで二つプレゼントがありました。

フラワーバス(*^^*)

夜にはシャンパンとケーキも♪

 

アナンタラ ディグのサンセットオーバーウォータースイートをご紹介しました。

好きな時に海に入って遊び、ベッドからはキラキラ輝くラグーンを見渡せます。

ワンルームでしたがお部屋もテラスも十分の広さがあって4人家族でも十分快適に過ごすことができました。

夢の水上ヴィラ、あっという間の5日間でした(*^^*)

 

【子連れでモルディブ 2019】アナンタラ ディグでソーダブルーの海に癒される 10連休となった2019年のGW、我が家は家族で2度目のモルディブへ行くことができました。 真っ白な砂...