家族旅行

【子連れでモルディブ 2019】アナンタラ ディグでソーダブルーの海に癒される

10連休となった2019年のGW、我が家は家族で2度目のモルディブへ行くことができました。

真っ白な砂浜にどこまでも続くソーダブルーのグラデーション。

夢にまで見た「The Maldives」な景色がそこにありました。

我が家が今回滞在したリゾート アナンタラ ディグをご紹介します。

 

アナンタラ ディグを選んだ理由

今回のモルディブ旅行では絶対に外せない条件が一つだけありました。

それは、

水上コテージ

 

前回はGWのツアーだったので価格重視で決めました。

それでも大満足でしたが、モルディブへ行くなら誰でも一度は泊まってみたいであろう水上コテージに今回は絶対に泊まりたい!

 

ただ水上コテージに子供が泊まれるホテルは数少なくそんな中でも

  • ファミリー向け
  • 出発当日にリゾート入りできる
  • 予算内

の条件で探した中で一番ビビッときたアナンタラディグに決めました。

結果、大幅に予算オーバーしてしまったのは内緒(*´з`)

 

マーレからのアクセス

アナンタラディグはモルディブの玄関口、マーレ国際空港からスピードボートで35分~40分。

 

モルディブのリゾートはマーレに到着してからスピードボートか水上飛行機でリゾートまで移動しなければいけません。

水上飛行機のリゾートを選択すると夜に着いた場合はマーレ空港付近で一泊する必要が出てきます。

アナンタラディグは空港から3~40分なので夜に到着してもその日のうちにリゾートに入ることができます。

スピードボートはすごく揺れるので酔いやすい人は酔い止め必須!

こちらは帰りの時に乗った大きい方の船。

景色は見えませんが揺れが少なかったように思います。

 

一方、行きに乗った小さめのスピードボートがかなり揺れました。

掴まっていないと椅子から振り落とされそうになるほど(>_<)

長距離移動の後に乗ると酔いやすいので大人も気を付けましょう。

 

お部屋の種類は豊富

アナンタラディグにはたくさんのお部屋カテゴリーがありますが、大きく分けるとビーチコテージ水上コテージの二つに分かれます。

 

ビーチコテージと水上ビラの中でもそれぞれサンライズ側とサンセット側に分かれていています。

 

アナンタラディグのお部屋
  • サンライズビーチヴィラ
  • サンセットプールヴィラ
  • サンライズオーバーウォータースイート
  • サンセットオーバーウォータースイート
  • アナンタラプールヴィラ
  • アナンタラオーバーウォータープールスイート
  • 2ベッドルームファミリーヴィラ
  • 2ベッドルームアナンタラプールヴィラ

我が家が予約をしたのは上から4番目のサンセットオーバーウォータースイートです。

 

予約をする前にいろいろな方の旅行記を読んでいて、

サンライズ側→お隣のアナンタラヴェリが視界に入る

サンセット側→正面に何もない

というのが分かったのでどこまでも続く水平線が見てみたかったのでサンセット側にしました。

サンセット側の方が人気が高いのか、価格もサンセット側の方が高く設定されています。


左側がサンライズ・右側がサンセット
メインジェッティ・フロント・プール・レストラン・キッズクラブなどは島の中央に集まっている

サンライズ側はスピードボートの発着するジェッティがあったり向かいの島々が視界に入ります。

ただ波が穏やかで小さな子供を遊ばせるのには向いています

 


サンライズビーチヴィラ前のビーチ

 

サンセットオーバーウォーターヴィラのテラス

 

なお、アナンタラディグ周辺には珊瑚礁がないのでシュノーケリング目的の方には向いていません。

珊瑚がないためビーチから見る海はとっても澄んでいて驚くほどきれいなグラデーションが広がります。

 

レストラン


1階がグリルレストラン シーファイアソルト
2階がイタリアンのテラッツォ

アナンタラ ディグ島内にレストランは4か所。

  • 朝食会場にもなっているFUSHI CAFE(ビュッフェ)
  • シーファイアソルト(シーフード)
  • テラッツォ(イタリアン)
  • アクアバー(プールバー)

 

お隣のアナンタラ ヴェリにも4か所あります。

  • バーン・フラ(タイ料理)
  • 折り紙(和食)
  • 73ディグリース(ビュッフェ)
  • ドーニ・バー

夕食時、シーファイアソルト・テラッツォ・バーンフラ・折り紙は予約制です。

 

朝食会場になっているFUSHI CAFE

私たちはハーフボード(朝・夕食付き)で予約していたので夕食のレストランをディグの4か所とヴェリのバーン・フラ(タイ料理)から選べるのですが、到着後に予約をしようと聞いたら滞在中はビュッフェのFUSHI CAFE以外はすべて20時半以降でないと予約が取れないと言われてしまいました(涙)

さすがに毎日ビュッフェは嫌だったので最終日の夜のみ20時半からイタリアンのテラッツォを利用しました(*’ω’*)

 

アナンタラはタイのリゾートチェーンです。

私たちは残念ながら利用できませんでしたが、ヴェリにあるバーン・フラはとても評判がよくタイ料理好きの方なら満足できそうです^^

 

アクティビティー

アクティビティーやエクスカーションは一通りそろっています。

エクスカーションなどについては前回行ったバンドスよりもだいぶお高めでした。

ドルフィンクルーズやシュノーケリングツアーなどは大人一人につき60ドル~80ドル前後。

家族4人だとけっこうなお値段に(>_<)

 

参加したい場合は水上コテージ直前にあるアクティビティーセンターで申し込みます。

人気のあるツアーは前日にはいっぱいになってしまうので予定が決まったら早めに申し込みをしましょう。

 

シュノーケルセットは滞在中無料でレンタル可能。

子供用もありました。

アクティビティーセンターで借ります。

施設

リゾート内の各施設をご紹介します。

プール

プールはインフィニティプールが島の中央に1か所のみ。

アクアバーが併設されています。

 

プールは海側に行くほど深くなっていて一番深いところが1.6mほどだったと思います。

シンプルなプールですが子供たちはこのプールが大好きで毎日通いました。

ディグは子連れがほとんどなので一日中子供たちが賑やかに遊んでいました。

 

プールサイドでくつろいでいると冷たいお水をクーラーボックスに入れてサーブしてくれます。

プールバーでスタッフに言うと子供はアイスクリームがもらえます。

でも溶けていたのでお味は…。

バスタオルも貸してもらえるのでお部屋から持っていく必要はありません。

 

SPA

宿泊特典に60分のSPAが無料でついていたので行ってみました。

アナンタラディグのSPAは島の北側の水上にあります。

奥にアナンタラヴェリが見える水上のSPA

SPAなんてめちゃめちゃ久しぶりで緊張しましたがこのロケーションですからとっても気持ちよく素敵な時間になりました(*´▽`*)

予約特典だし60分だったから上半身か下半身かなと思っていましたが、全身くまなくやって頂けたのには驚きです!

 

SPAの後はこちらでゆっくりリラックス♪
水着を持ってくればプールでも泳げます

 

キッズクラブ

島の中央部分にキッズクラブがあります。

なんとここ無料!

毎日利用してもOKです。

 

室内はクーラーが効いていてとても快適
インパクト大なニワトリさん

 

巨大なワニのプール?が出現!

うちの子供たちには拒否されてしまいましたが、とっても楽しく過ごせると思います。

 

気になる洗濯事情

リゾート内に洗濯機が使える施設は残念ながらありませんでした。

でもランドリーサービスはあるのでどうしてもという時は利用するのも手です。

 

私は頑張って手洗いしてみました!

暑いのでテラスに干しておけば3時間ほどでカラカラになります。

携帯バケツ/折り畳み/足湯/防水/アウトドア/旅行/釣り/軽量/厚手/洗面器/大容量/持ち運びやすい/便利/公園/お洒落/カラバリ/多機能/冬新作
created by Rinker
¥1,280 (2019/08/21 19:07:08時点 楽天市場調べ-詳細)

おちこちに置いてある自転車で島内を移動

アナンタラ ディグは端から端まで歩いても10分ほどとそこまで大きな島ではありませんが、水上コテージの奥の方のお部屋になるとちょっと移動が面倒になってきます。

そんな時はこの自転車が大活躍。

あいにく子供は乗せられないので使いませんでしたがすごく便利です。

でもこの自転車、けっこう大きめ。欧米人向けなのかな?

夫は大丈夫でしたが私がまたがったら足が付きませんでした(涙)

足の長さの問題???

 

ビーチでのカクテルパーティー

夕方、プールで遊んでいたら何やらビーチに準備をしていました。

結婚式?と思っていたら”カクテルパーティーだよ”とのこと。

夫が「そういえば案内状みたいなのが部屋に届いてたかも」って。

オイ!そんなことなら早く言って!笑

水着のままでしたがそのまま参加してみました^^

思わず

「Free??」

と聞いてしまいましたが”Freeだよ”って。

夕暮れに染まる景色を見ながら飲むカクテルの美味しいこと!

これぞリゾート!!

この解放感ったら!!!笑

ヤシの実ジュースを作ってくれます。

飲んだことある方ならわかると思いますがこれ、好きな人いるのかしら??

Wi-Fi環境は?

レストランやお部屋ではホテルの無料wi-fiが使えます。

動画視聴などはしていないのですが、SNSなどの利用なら特別イライラするようなこともなく快適に使えました。

マーレの空港でもアナンタラの待合室があり、そこでは無料で使うことができます。

アナンタラディグはこんな人におススメ!

モルディブには本当にたくさんのリゾートがあります。

ダイバー向けの格安リゾートからハネムーン向けのラグジュアリーでゴージャスなリゾートまで選び放題。

一度行ったことがあっても別のリゾートに泊まればまた別の体験ができます。

そんな中でアナンタラディグはこんな人におススメです!

アナンタラ ディグはこんな人におススメしたい!

子連れでも水上コテージに滞在したい

ファミリー向けのリゾートがいいけどカジュアルすぎない方がいい

小さな子供がいる

レストランが豊富なリゾートがいい

綺麗な海を見て癒されたい

モルディブのリゾートの中でアナンタラ ディグは決してラグジュアリーな高級リゾートには分類されませんが、子連れでもそこそこのラグジュアリー感を味わいたいという人にはちょうどいいリゾートです。

ご飯も美味しくてキッズメニューも充実しているので小さな子連れでも安心。

アナンタラ ディグの予約方法

アナンタラディグの予約方法はたくさんありますが、一番お得なのは公式HPから。

なぜなら公式HPからの予約特典がすごくお得だから。

アナンタラディグを公式HPから予約すると大人は毎日夕食付になります。

子供はキッズメニューなら無料なので現地ではドリンク代のみで済みます。

そして2ベッドルームヴィラor水上ヴィラの予約だと60分のSPAも付いてきます。

 

公式HPから予約する場合、アナンタラグループが所属しているDISCOVERYプログラムの会員になっておくと会員用の価格で予約ができるのでこれは必須です。

無料登録でいきなりゴールド会員になれてしまいます(笑)

ちなみにハワイやグアムにもあるアウトリガーもこのDISCOVERYプログラムに参加しています。

まとめ

1年前から特典航空券を抑えて準備してきたこのモルディブ旅行。

全旅程8日間という我が家にしては長めの旅行になりましたが、出発してみればあっという間に最終日に!

楽しい時間が過ぎるのは本当に早いです(悲)

帰国して日数が経つにつれてまたあの海に帰りたくなります。。。

本当に楽園でした。

またいつか行けたらいいな~。

めちゃめちゃお得にモルディブへ行く方法


モルディブのツアー料金ってかなりお高いですよね。

リッチな家庭ならまだしも我が家のような一般家庭では家族4人でモルディブなんてそうそう行けません。

でも実はとってもお得に行けてしまう方法があります(^^)

 

今回の旅は陸マイル活動で貯めたマイルを使ってシンガポール往復の特典航空券を発券しました。

諸費用はかかりましたが一人5,000円ほど。

航空券がほぼ無料なのでその分ホテルにお金をかけることができました。

今回の旅は特典航空券だから実現できたといっても過言ではありません。

マイルがあるってやっぱり最高です(*^^*)

 

誰でもできるマイルの貯め方はこちらから!

最後までお読みいただきありがとうございました。