マイルと家と子育てと…

マイルを使ってお得に家族で海外旅行へ!1年間で50万マイル貯めました!インテリアや子育ても。マイルの貯め方と日々の日常を綴るブログ。

徹底比較!「ポキット」と「ポキットプラス」の違いを両方並べて比べてみた



f:id:a-cieloazul:20181022161201p:plain

 

小さいベビーカーを探してポキットシリーズにたどり着いたけど「ポキット」と「ポキット+」で迷っている、という方多いんじゃないでしょうか。

 

近くに両方置いてある店舗があればいいのですがそんな方ばかりではないですよね。

私もどちらにしようか悩んでしまって、、、web上のサイズや写真だけではどうしても決めかねていたので思い切って両方購入してみました。

 

両者を並べてみて大きさの違いなどレポートしたいと思います。

 

 

 ▼「ポキット」の詳細レビューです

www.cinnamon-sugar.com

 

 

ポキットとポキットプラスの違いは?基本的なスペック比較

 

  ポキット ポキット+/ポキットエアー
開いた時のサイズ(幅×奥行き×高さ) 44.5cm×71cm×
101cm
47cm×
71cm×101cm
畳んだサイズ(ウルトラコンパクト) 30cm×18cm×35cm 37cm×20cm×38cm
重さ 4.8kg 4.8kg/4.6kg
横幅 44.5cm 47cm
発売 2018年 2018年
対応年齢・体重 生後6ヵ月~17kg 生後6ヵ月~17kg
バスケット容量 5kgまで 5kgまで
リクライニング なし あり
付属の専属バッグ × ×
トラベルシステム × 〇(要別売りパーツ)
カラー 3種類 2種類/3種類
価格(税込) 21,600円 27,000円

 

数字だけで分かる大きな違いはこちら。

 

  • 畳んだ時のサイズ
  • 横幅
  • リクライニングの有無
  • トラベルシステム
  • 価格 

 

※トラベルシステムとはチャイルドシート、キャリーシートの機能を一つの商品に集約したシステムの事です。

子供が寝てしまってもそのまま移すことができるので車の利用が必須の人には嬉しい機能になります。

 

 

届いた時の状態は?

 
f:id:a-cieloazul:20181023100846j:image

右が「ポキット」、左が「ポキットプラス」

届いた時は同じような箱に入っていました。若干ポキットプラスが大きいのが分かります。

 

f:id:a-cieloazul:20181023101246j:plain

箱を開けてみるとポキットプラスはさらにもう一周り小さい箱に入っていました。

この写真が実物大のようです。

 

 

f:id:a-cieloazul:20181023101434j:plain

 一方、ポキットの方は箱にそのまま入っていました。

 

 

畳んだ状態で並べてみた!(ウルトラコンパクトサイズ)

 

f:id:a-cieloazul:20181023104130j:plain

左が「ポキット」、右が「ポキットプラス」

並べて比べるとポキットプラスはちょっと大きいです。

ベビーカーとしてはもちろん極小ですよね。

 

f:id:a-cieloazul:20181023143141j:plain

 ポキットプラスは一周り大きく見えます。

 

持ち運びが前提なのでたたんだ時の大きさは気になると思いますが、これは本当に個人的な感じ方によると思います。

比べてみるとポキットプラスは少し大きいのですがそれでもベビーカーとしてはかなり小さいので。

 

 

ポキットとポキットプラスを開いて横に並べてみる



f:id:a-cieloazul:20181023100931j:image

部屋が汚くてスミマセン^_^; 

 

 左が「ポキットプラス」、右が「ポキット」

 

ポキットプラスがかなり大きく見えます。

サイズ的に違うのは横幅だけなんですけど、

乗り心地を考えると座面が広い方がいいですね(*^_^*)

うちの子は大きめなので狭いのは可哀想かな?


f:id:a-cieloazul:20181023101019j:image

後ろからも見てみましょう。

見切れてしまっていますが、左が「ポキットプラス」、右が「ポキット」

後ろから見るとそれほど違いはありません。

 


f:id:a-cieloazul:20181023101127j:image

 幌は同じ。

 


f:id:a-cieloazul:20181023101410j:image

荷物入れもほぼ同じサイズ。

ポキットプラスは横幅が大きいのでその分大きくなります。

 

 リクライニングの角度

 
f:id:a-cieloazul:20181023214953j:image

 

写真の角度がおかしかったので修正しましたが画質が荒くなってしまいました(^^ゞ

部屋が狭いもんで・・・

 

奥が「ポキットプラス」、手前が「ポキット」

次男に寝てもらっています。

けっこう倒れるな、という印象。B型でリクライニングってなかなか贅沢ですね。

ポキットプラスもリクライニングにしないとポキットと同じ角度です。

 

 

f:id:a-cieloazul:20181023143945j:plain

 「ポキット」で寝るとこんな感じ。

角度そのままなので寝づらそう?

次男に「寝て」と言ったらこの演技(笑)

 

カラーバリエーション

ポキットは3種類・ポキットプラスは2種類そしてポキットエアーは3種類のカラーバリエーションがあります。

 

ここはさすがに全色そろえる訳にはいかないのでお借りした写真です。

シーポートブルー・ネイビーの実物はステッチがきいていて写真よりも可愛らしいお色でした!

 

 「ポキット」

f:id:a-cieloazul:20181024233333j:plain

 

「ポキットプラス」

f:id:a-cieloazul:20181024233358j:plain

 

「ポキットエアー」

f:id:a-cieloazul:20181024233720j:plain

 

価格は段違い!

 

価格の違いですが

 

「ポキット」 21,600円

「ポキットプラス」 27,000円

 

けっこう違いますよね。セカンドベビーカーで2万円越えってなかなか高いです。

ここは各家庭によってどこまで出せるか分かれるところではありますが。

 

ポキットとポキットプラスの選び方 

 

並べてみてどんな基準で選ぶのが正解なのか分かってきたと思います。

 

まとめると、

 

ポキットが向いている人

  • とにかく小ささが重要!という人
  • コスパを求める人
  • たたんだ状態での持ち運びが多くなりそうな人

 

 

ポキットプラスが向いている人

  • 子供が大きめの人
  • リクライニングが欲しい人
  • 使う期間が長くなりそうな人

 

 

我が家が選んだのは「ポキット」

結局私がどちらを選んだかと言うと「ポキット」です。

本来ならうちの次男は3歳児としてはかなり大きいので横幅の広い「ポキットプラス」の方がいいのですが、来年母子旅行を控えていたので少しでもコンパクトなポキットに決めました。

 

旅行で大活躍してくれることを期待しています(*^_^*)

 

 

まとめ

両者並べての比較をしてみましたがどちらを選んだとしても世界最小のベビーカーです。

自転車にも車にも飛行機にもラクラク持ち運び可能なサイズです。

まだ迷っているという方は直感で決めちゃうのも一つの手です!気に入ったポイントがあればそれで決めてもいいと思います。

これからポキットでお出掛けの幅がどんどん広がりますよ~!

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 ▼ポキットの詳細レビューを書いてみました

www.cinnamon-sugar.com

 

  

この記事が役に立ったよという方はクリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村